« 無条件バトン | トップページ | 甘いおでん »

2006年1月27日 (金)

両おばあちゃん

インフルエンザにやられてる父方のおばあちゃん

元気というかなんというか…
様子を見に行ったおかんが言うには、
なんと一人でいる間に、
布団をあげて洗濯やら掃除やらやっていたそうです。
薬の効き目で一時的に治まってるだけなのに、
ジッとしてられない性分は安静というのを嫌うようで(困)
ま、これがこのおばあちゃんの強さでもあるのかなw
でも心配かけないように
たまには言うこと聞いてジッとしてて欲しいもんです。
まだまだ気は抜けませんが、
今のところおばあちゃんを苦しめたのは、
一昨日の救急車ではこばれた時だけだったみたい。
とりあえず一安心していいのかなw

 

入院している母方のおばあちゃん

今日は僕がお見舞い介護に行きました。
昨日病院から相談があり、今後の方針について話ありました。
最近食事量がメッキリ減り精神的にも不安定で、
半寝たきり状態ゆえに栄養失調や運動不足…
胃や腸も状態がいいとはいえないとか。
恐る恐る病院に行ったのですが、
目もパッチリ開いてて笑って迎えてくれてホッとしました。
相変わらず食事摂取量は少ないですが、
車椅子にのせ病院内を散歩したり話したり、
僕が見る限りでは笑顔も絶えず終始ゴキゲン♪
リラックスできてたようでよかったです。

あとは少しでも食べるれるように、
また少しでも足を動かしたりして運動したりするように
頑張ってもらえればいいんだけど…
「今日から少しスパルタでいくで!」って言うと笑ってるので、
「他人事のように笑ってる場合ちゃうわ!w」って
ツッコんで軽く足を動かせたりさせました。

昼間の過ごし方がこれからも重要なカギです。
健康な人でも昼間寝ているとダメになります。
病院という狭い空間で生活しているならなおさらなので、
できるだけ動けるように助けたいところです。

 

|

« 無条件バトン | トップページ | 甘いおでん »

コメント

坊主さんのおばあちゃん、風邪大変ですね。
昔の人は働き者ですよね。ホント頭が下がります。
早くよくなるといいですね。
坊主さんもおばあちゃんが近くに住んでいてすぐにお見舞いにいけていいですね。私も家が遠くでなかったら色々助けてあげたかったです。
これからも、やさしい坊主さんでいてください。
ではまた…

投稿: みとゆみ | 2006年1月30日 (月) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149659/8378505

この記事へのトラックバック一覧です: 両おばあちゃん:

« 無条件バトン | トップページ | 甘いおでん »