« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月19日 (月)

記念すべき初LIVE?!

最近なにかと盛り上がりに欠ける今日このごろ…
仕事やらで日々同じこと繰り返して、
誰もがなんとなく無気力になる時ってあると思う。
俺はまさに今。
年明けから体調も思わしくないし…
しかも俺様の大大大・・・・・・・・・嫌いな「冬」
そりゃ引きこもりにもなるっちゅうねん!

ま、そんな日々にちょっとは喝をいれんといかん!

そう、今日メチャメチャ×∞、世話になってるBARにて、
なんと初めて!

長渕剛 弾き語りコピーLIVE

お願いしてやらせて頂きました。
長く好きで弾いてる長渕剛。
(これしか弾けないというのが正しいか?w)
一度くらい堂々とやってみたら
また自分の向上にもなるかな…とも
たまにはこんな緊張も必要だろう…とも

失敗を恐れる弱いカッコつけも払拭したいので、
譜面は置かないことにした。
選曲もその都度考えてやろう。



はい、大成功!といいたいところだが、
当たり前にボロボロw


一応セットリスト

1.TAKE IT EASY / The Eagles
 (何故オープニングがこの曲なのかは
  剛ファンにしかわからないよねw)
2.裸足のまんまで
3.明け方までにはケリがつく
4.ろくなもんじゃねぇ
5.少し気になったBreakfast
6.すべてほんとだよ
7.Good Luck / 福山雅治(友人リクエスト)
8.俺の太陽
9.しゃぼん玉
10.とんぼ
11.STAY DREAM

いっちょ前にアンコールなど頂き…

12.しあわせになろうよ


こうやって並べてみるとやり過ぎた。
みんなお腹いっぱいって感じだっただろう。
初めてだったのでまずは勢いも欲しいし、
まとまりも欲しい。
だからシングル曲メインになるようにした。
実際、後半にメインシングル曲を待機させておいてよかったw

しかし自分の声量…いやそれどころか声質に嫌気がさす。
マイクやアンプはないので、生音だけが勝負だった。
でも小さな箱でも通用しないことが身にしみた。
カラオケなどで剛は歌わない。
でもよくまわりはうまいとも言ってくれる。
だけど実は僕は剛の歌が一番苦手だったりする。

広島にいた頃ストリートなどやったり、
結婚式でも割と度々弾き語りをやらせてもらってるが、
両方とも聞き手は聞き構えておらず、
実際のところ気楽なものである。
でも今回は自分からお願いし、
主役になろうというわけなので、
わざわざ来てくれた友人たちは聞き構えて聞くわけです。
僕は「聞かせる」という立場となり、
伝えようとしている分、声も張るのだが…

とにかく結果は散々でした。

10人程度の中でやる予定だったが、
結構お客さんが倍ほどいてビックリもした。
気の弱さが前面に押し出されたLIVEとなってしまった。

アレンジも自分ながらの感情表現でやろうと…
なるべく座らずに立って弾いたり…
しかしながらなかなか空気って作れないもんだ。
思い描いていたものとは程遠い仕上がり。
100%出し切れない悔しさも残った。
何から何まで大変勉強になった。
まだまだ自分には足りない事だらけ。
いろんなことを知るいい機会だった。

それでも多くの方々から、
お褒めの言葉を頂いた。
それは素直にうれしく感謝してます。

ありがとうございます。

偶然いたお客様…
本当に申し訳ありませんでした。
わざわざ来て頂いた友人…
ありがとうございました。
そして、もっと勉強します。

マスター貴重な時間頂いて本当にありがとう!

剛のたった一音で空気を変える凄さに改めて感動。
たまにはこうして緊張したり、自分を試したり…
刺激のある一夜でした。
また、やろうかな?w

ヘヘヘ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

デート?!

あからさまにその対象とはされていない僕だから、
彼女はデートに誘って下さいます…

これって結構悲しいものですが、
でもやっぱり会えるのはうれしくて…
テンション上がっちゃいます♪
間違いなく僕は好意を抱いてる。

そう、彼女といっても「恋人」ではなく「友達」です。
その友達は結構遠くにいる為、
年に一回会えたらいいもので…

今年は新年早々初詣に行く事が出来、
そして今日は美術館に行くことになり、
2度目のデートです。

ま、冷静な文章はテンションの高さの裏返しでして…

まぁまぁ。
たまにはいいじゃないですかw

今朝はいつも世話になってるBARで知り合った床屋の方に、
ボサボサに伸びてしまった髪をカットしに行きました。

あ、今さらですが私、坊主はしばらくお休みさせて頂きます。
ブログタイトルは変更しませんけどねw

さてテンション徐々にあがりつつ、
兵庫県立美術館へ~

不思議な展覧会があり、
彼女がそれを観たいとのことで行ったんですが…
何かと思いきや映像の展覧会。
これがなんとも言葉ではあらわせれないものに包まれるものでした。
知ってます?

「ビル・ヴィオラ」 

リンク(兵庫県立美術館) → ビル・ヴィオラ

そのほとんどが超スローで再生される映像で、
例えば標準に流すと1分ほどのものを
10分近くかけて映し出したりするものです。
その観ている瞬間が絵画のように感じるわけです。
じわりじわりスロー再生されるなかで、
喜びや悲しみ、痛み、叫び、暖かさ、愛、あらゆるものを、
本当にじわりじわりと一つの作品から五感に伝わります。
かなり衝撃的な作品でした。
言葉でどう説明してもなにか足りない気がして
うまく伝えれないのでリンクからどうぞ。
美術館を出た時には、
やわらかいオーラをまとってるような不思議な感覚になりました。

美術館を後にして、
次は僕たちが出会った仕事仲間がお店をやってるので、
ビックリさせようといきなり行きました。
そのお店の友達と彼女はそれこそ4年以上ぶりw
彼女が「私、『主人がお世話になってます』って言いながら入るわ」
って言うんだけど、ジョークにしてもドキドキして、
若干うれしさと虚しさが漂い…
でも、お店は結構忙しく友達もバタバタしてまして、
僕には気がついたものの彼女には気づかず…
飲み喰いしだして1時間もたってから
「あれ?…!!!!!」
ま、いいリアクションしてくれたので許そうじゃないかw
おまけにかなりおいしく長くいさせてもらいました。

お店は僕の家の近所ということもあり、
僕のなじみのBARへ連れて
別れまでの時間を惜しみながら飲みました。
途中、お店を片付けた友達もダッシュで駆けつけ、
3人懐かしトーク爆発で大盛り上がり♪

いやぁ最高の一日でした!

たまには僕にもささやかな幸せを感じる日があった。
贅沢はいっちゃいけない。
でもその対象じゃないのはやっぱどうなんやろ?(泣)
今の状態で満足してるのも事実です。
僕にはその覚悟もありません。
情けないと言うなら言うがいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

早い一年…

久しぶりの更新ですw

さて、一年前の今日…
最愛のおばあちゃんが天国に旅立ちました。
病院生活をしていたおばあちゃんを書き綴っていた、
このブログの更新が止まったのはその時でした。

あれから一年

本当に早いものです。
当然いろいろなことがありました。
生きているとあの深い悲しみの中にいた自分も、
徐々に浄化されるかのように日々笑って暮らしております。

おばあちゃん、
天国はどうですか?
おじいちゃんとまた一緒に仲良くいますか?
ケンカもしてるんでしょうねw
大好きな田舎、沖永良部の島にも足を運んだりしてるんでしょうね。
これからも僕たちを空から見守っていて下さい。
なんとかみんな元気に暮らしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »