« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

X JAPAN 復活LIVE

おとつい、ついに復活LIVEをした X JAPAN sign03

東京ドーム3DAYS

X JAPAN 攻撃再開 2008 I.V.~破滅に向かって~

2008.3.28 破壊の夜
2008.3.29 無謀な夜

そして、今夜 2008.3.30 創造の夜

実は今夜、妹がその伝説の場にいたのだ。
さっき電話があってそりゃあもう興奮冷めぬままに。

うらやましい…

ま、後日ゆっくり聞かせてもらおうbeer

| | コメント (0)

2008年3月28日 (金)

黒豚のほわほわゆっくり煮

Dvc00040

久々に角煮作った。
普段は簡易のダシを使って料理するんやけど、
時間と手間をかける時はどうせならダシもしっかりと作ってやりたい。
時間かかったけど、うまく出来た。
たまに食いたくなるんよなぁ、角煮ってsmile

| | コメント (0)

2008年3月22日 (土)

野狐禅満喫2DAYS! 2日目

野狐禅(本日のLIVEはピストル君のソロ)・ アナム&マキ

  心斎橋 club☆jungle

  シュハリナイトスペシャルウィーク

  ビストロジャングル番外編

昨日に引き続き心斎橋まで行ってきました。
昨日は帰宅して結局時間もなくて
いい歳して一睡もせぬまま出勤し
仕事を終え、再び大阪へ繰り出した。

会場に着くとピストル君はビックリしつつ
「えsign02寝てないんじゃないの?」
なんて言うけどそんなの関係ねぇup
たまらない時間をくれるんやからgood

さて、今夜は

野狐禅のキーボード担当 濱埜君 と
このLIVEハウス club★jungle 料理長 天下茶屋巌男 との

カレー対決impact

二人が仕込みしている間は昨日と同じく、
「アナム&マキ」の唄に酔いしれ、
僕にとっては初の竹原ピストル君のソロLIVE

「アナム&マキ」はホンマいい!
いつまでも聴いていたい気分になる。
やっぱアコースティックってええわ。
僕にはこれが一番芯にくるんやろなぁ。
是非機会があればどっぷりとこの唄に酔いたい。

で、ピストル君のソロですが…
アコースティックギター一本やし、
サウンドとしても野狐禅と変わらないのに、
なんか「色」が違う。
ピストル君が書いてるポエムに色付けされてるのは、
野狐禅もソロでも一緒なのに色のつけ方が違うのか??
これも素晴らしくカッコいい!
作品として出てないのでLIVEでしか楽しめない貴重なソロ。

また関西でソロもやって欲しいと切に願います。

この二日間、新曲もたっぷり聴け、
特にこの新曲達は共感したものが多く、
久々に胸が締め付けられて涙が出た。

新しい何かに生かしていける自分でありたいと
深く考え込んでしまった二夜になった。

sign03

最後になりましたが本日のメインイベントsmile

カレー対決impact

両者とも全く比べることが出来ない種類のカレーでありましたが、
見事濱埜君が勝利を飾りました。

店長のカレーはいつも家庭で安心して食べるあの味の究極版。
濱埜君は酸味をきかした味わったことのない本格カレー。
個人的にも濱埜君の味が「おお~lovely」だったです。

こういうイベントはまた是非やって欲しい。
客との距離感ゼロで気さくに話しながらLIVEも楽しめるしね。

帰りはテンションがガッツンガッツン上がりすぎてもて、
また明日は休みという開放感も手伝って、
神戸に戻って一緒に行った友人と、
ふらり入った路地裏の居酒屋が大ヒットし、
明け方まで相当量飲んで気分よくベロベロになった。

野狐禅 アナム&マキ ホンマありがとうpaper

| | コメント (0)

2008年3月21日 (金)

野狐禅満喫2DAYS! 1日目

野狐禅 ・ アナム&マキ

  心斎橋 club☆jungle

  シュハリナイトスペシャルウィーク

ジョイントLIVE 行ってきたscissors

もう野狐禅の生サウンドに飢えて飢えて…
12月に見たばかりなんやけどねぇ~
今回は以前から気になっていた
「アナム&マキ」とのジョイントという事で+∞楽しんできたnote

野狐禅は最近の僕にとってはなくてはならないもの。
二人の相変わらず「生(なま)」は「生(せい)」を感じ
情熱的だったり情緒的だったり、
詩(ことば)が何もさえぎることなく透明に身体に入ってくる。
たまらなく背筋がゾクゾクして興奮し、
今すぐ何かしないと爆発しそうなくらいの力を蓄えさせてもらった。

野狐禅は前回のLIVEでも衝撃を受けた「シーグラス」はもちろん
最近のピストル君のポエムが色付けされて
とっても素敵な新曲として披露してくれた。
「気付けなかったよ、ごめんね」では、
いろいろな自分の現実と重なって、目頭が熱くなってしまった。
いずれもポエムだけで描いた僕の頭の情景は
全く想像できなかった色付けで、いい意味で裏切られ、
ますます作品として世に出るのが待ち遠しくなった。
早く出て欲しいけどじっくりといいアルバムを作って下さい。

さてさて…
野狐禅は自身承知のとおり最高なものだったのだが、
ジョイントで先にLIVEを披露した「アナム&マキ」

一言sign01

やられましたwobbly

かわいい女の子2人のフォークデュオ。
だけど、その二人が出すアコースティックギターサウンドは
とてつもなく激しく、テクニックも見てる側を完全硬直させるほど!
かと思ったらとっても神秘的な声にのせて
砂漠の中をラクダにまたがって旅をしてるような
不思議な感覚にさせてくれたり…
すっかり虜になってしまいましたわ。

うん、見に行ってよかった。

あと2時間で仕事やけど…
ピストル君がやたらと「仕事大丈夫なの?」って気にしてくれてたけど
自分にとってはその為にも必要な時間やし、
「これなら無茶してもupや」と行って会場を後にした。

実は明日もある。
明日はLIVEメインやなくて
カレーマニアである野狐禅キーボード担当の濱埜君が
このLIVEハウス「club☆jungle」のマスターとカレー対決!

明日も行くで~rock

セットリスト

  1. 日々、割れた日々
  2. 青春ゴーズ・オン
  3. 気付けなかったよ、ごめんね
  4. トレインとレイン
  5. カモメ
  6. 東京紅葉
  7. ならば、友よ
  8. シーグラス
  9. フライング蝉
  10. 泪橋

ジョイントやというのに2度のアンコールに応えてくれた
二人に感謝です。

本当にありがとう。

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

そっか…

相変わらず休みになると出て行ったまま

なんの連絡も無い相方。

そんな状態はこの生活が始まった時からだが

特に今年に入ってからは仕事時間のすれ違いもあり

全くといって話をしていない。

奴が休みの日が唯一その時間だがそれも出来ぬまま…

そしてさっき突然のメールで

「物件決まりました」

とさ。

なんかテンション下がった生活のまま

この生活も終演を迎える時がきたみたい。

寂しくもありムカツキもあり、なんだかなぁ~

| | コメント (0)

2008年3月 9日 (日)

突然ミルクレープ

スーパーに行くとインスタントの
カスタードクリーム粉末なるものがあったeye
時々卵が残ったら手作りはするのだが…

牛乳と混ぜるだけってsign02
へぇ~こんなんあるんや、うまいんやろか?

とついつい購入。

さて、手軽に出来るのはええけど
カスタード作って何しよかと考えたところ
冷蔵庫に生クリームやオレンジ、缶のマンゴーがあったんで
ミルクレープを作ってみようかと…birthday
生クリームにオレンジの皮を混ぜてみたりと適当にやってみた。

Dvc00012

Dvc00010


結果は…

やっぱカスタードは自分で作る方が断然うまいgood
だって卵の味なんて全然せえへんもんなぁ。
はっきり言うてマズイwobbly
ま、ちょっとしたおやつとしてはええんやろけど…

でも久々にミルクレープはなかなかいいもんで、
また食べたいなぁと思いつつ
やっぱりカスタードはちゃんと作ろうと誓ったのであった。

注意

別に自分で作ったやつが絶品って言うてるわけやないよ。
ただ、このインスタントカスタードよりは
何100倍も美味いとは自信持って言えるnote

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

うまい酒飲みました

仕事が異常に早い?ため(毎朝3時出勤なもんでsweat02
職場の人とプライベートで交流する機会はほとんどないdespair

でも今日は夜になって、
職場でとっても世話になった人が
僕の近所のお客さんの店で飲んでるって事で誘いがあって、
なんか急にグッっとテンションupなってもて慌ててGOGOgood

そこにはもう一人いて3人でワイワイとbeer

たっぷりたまってたグチもしっかり聞いてくれる、
肝がデカイ姉さんと一周りも若いのにしっかりした奴。
途中姉さんの素敵な旦那さんも合流し、
僕は普段滅多にない状況にさらにヒートアップimpact
封じ込め過ぎていたものが大爆発し、
それを全部直に受け止め聞いてくれた3人に感謝感謝crying

迷惑すぎるほどぶちまけてたので、
ごめんなさい状態でありつつ、
いろいろ疎外感がず~っとあった職場に暖かさを感じて、
ホンマ楽しかったし、うれしかった。

また飲みたいなぁ~グチはなしにしますんでpaper

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »