« 明日は野狐禅のワンマンLIVE | トップページ | カトリックってそうなん? »

2008年11月 4日 (火)

野狐禅 大阪ワンマンLIVE

ガッツリだ!
とことんガッツリだ!
やっぱワンマンは濃い!ホンマ最高や!

楽しい事やテンション上がったりってのはたくさんあるけど、
自分で制御できないほど気持ちが高調するってのは、
そう年に何回もあるもんじゃない。
その何回かの大きな1回が昨日だったわけであるグッド(上向き矢印)

さて、
チャペル 12/17 4thアルバム 「野狐禅」 発売 チャペル

4th_a

その待ちわびてる僕の飢えた心に水をくれたLIVEやった魚
そんなNEW ALBUMからの唄もいっぱいやってくれた。

まだ興奮してうまく感想なんて書けたもんじゃないし、
結局は最高指でOKって事しか言えない。

大好きな唄もたくさん唄ってくれたし、
最近ハマってる唄も選曲されててうれしかった。
なんかいろいろとジャストミートや手(グー)

2度のアンコールのLIVEラスト「鈍色の青春」
会場全体の大絶叫衝撃
正直どの曲もあの一体感で行きたいってのが本音なんやけどねぇ。
かなり気持ちよかったるんるん

新曲は間違いなく名曲ぞろいです。
前回聴いた「シーグラス」は身体の芯に刺さったのをさらに打ち込んでくれた。
新曲たちは全体的に僕の最も大好きな抑揚のあるノビが多い印象を受けた。
ずっと背筋がゾクゾクしてたもんなぁウッシッシ
アルバムのラストにもクレジットされてる読めなかった「東雲(しののめ)」。
これも詩が深くて頷きつつ聴いてると、二人の奏でる音と声の世界は、
身体の奥の方から鼓動がグガァ~と沸きあがる感じがしたねぇ。
圧巻ですわ。

とにかくアルバムが手もとにくる日がさらに楽しみだ。

野狐禅に出会えてホンマよかった。
心底思う。
それを毎度再確認できる。
奴らは最高だ!

Dvc000132 

セットリスト

  1. えいえいおーと泣くのです
  2. フライング蝉
  3. ローアンドロー
  4. 気付けなかったよ、ごめんね
  5. スタンド・バイ・ミー
  6. じゅうじか
  7. ならば、友よ
  8. シーグラス
  9. あほみたい
  10. あじさい
  11. 東京紅葉
  12. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード
  13. トレインとレイン
  14. 東雲

アンコール

  1. さよならの唄
  2. 地獄
  3. 酒と泪と…

アンコール2

  1. 鈍色の青春

だと思う…sweat02

   余談

   時間があったらきっと一緒に行ってただろうなという奴に、
   終わったばかりのLIVEの興奮を伝えに行ってきた。
   狙いどおりにメチャメチャ悔しがって頂き、
   わかっちゃいるけど俺らホンマええもん観てきたんやなぁって
   羨ましがってる奴を見てさらに幸せに思いました。
   来たお客に楽しんで喜んで幸せになってもらう…
   いやぁ~ソーちゃん、あなたホンマ接客のプロですわわーい(嬉しい顔)

   ま、虐めるのはそれくらいにして、
   今度は一緒に行けたらええよなぁ。
   アルバム出たら全国ツアーするらしいから是非行こなexclamation ×2

|

« 明日は野狐禅のワンマンLIVE | トップページ | カトリックってそうなん? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日は野狐禅のワンマンLIVE | トップページ | カトリックってそうなん? »