« 誕生日プレゼント | トップページ | うれしいな »

2009年4月 1日 (水)

野狐禅 in 大阪梅田Shangri-la

Dvc00046

待ちに待った野狐禅ツアーワンマンLIVE。
いや、ホンマ長く待ちました。
え~、前に行ったのが11月やから…5ヶ月前。

今回、友人4人で大阪に乗り込みました。
そして整理番号はなんと

No.5・6・7・8

気合い入ってもしゃ~ないでしょpunch
我々4人(俺と腐れ縁の2人はかなり巨大だけど)は
ガッツリ中央最前列に位置取り。
手を伸ばせば届く距離sign03
モロ生音が聴けるどsign03

そうしてついに待ち焦がれたワンマンLIVEが始まった。

軽快なリズム「トレインとレイン」から幕開け。
各曲の解説は、ま、置いといて、
やっぱね、二人が奏でる「生(せい)」が素敵やね。
二人が発する音や詩が温度を持ってるんよね。
なんせ熱い、そして時に温かい。
情熱って事で二人を簡単には表現できへんけど、
他に言葉が見当たらない。
命…魂を全身で吐き出してるからこそ、
聴いてる人にダイレクトに届く。いや刺さるのだ。
何のフィルタを通さないから刺さり方も半端ない。
容赦なく胸を鷲づかみされる。
聴いてる側も全身力を入れて聴くって感じになる。
それが本当に気持ちいいのだ。
音楽って素晴らしいって教えてくれる。

2時間強、最高な時間をくれた。
ありがとう。
また、また行くぞ。
そして早くまた関西に来てくれ。

新曲の数々も素晴らしかったし、
大好きな「ならば、友よ」「ぐるぐる」
久しぶりの「高校三年生」(卒業シーズンだからかな?)
ま、こんな風に上げだしたらキリがないdash
聴きたい唄はまだまだある。
まだ聴いたことない唄もまだまだある。
勝手な楽しみの一つにして申し訳ない。
でも…

お前ら最高やねん!

セットリスト

  1. トレインとレイン
  2. ローアンドロー
  3. 自殺志願者が線路に飛び込むスピードで
  4. スタンド・バイ・ミー
  5. ならば、友よ
  6. あほみたい
  7. じゅうじか
  8. 気付けなかったよ、ごめんね
  9. 高校三年生
  10. シーグラス
  11. えいえいおーと泣くのです
  12. 日々、割れた日々
  13. 青春ゴーズ・オン
  14. 東京紅葉
  15. 札幌処刑台
  16. よう挑んだ
  17. 東雲
     
  18. 鈍色の青春
  19. キッズリターン
  20. さらば、生かねばならぬ
  21. 泪橋
  22. ぐるぐる

|

« 誕生日プレゼント | トップページ | うれしいな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誕生日プレゼント | トップページ | うれしいな »