« よぉ食べた | トップページ | かわいいよぉ~ »

2009年11月 8日 (日)

神様が『居る』か『居ない』かではなく『要る』か『要らない』か

一ヶ月前に突如発表された竹原ピストルの再来。
前回同様、オイラの地元、
神戸三宮の小さな小さな LIVE HOUSE 16bit
慌ててチケットを取って今日を迎えました。

Dvc2

暗くてわかりにくい写真ですんません。
LIVE前のステージですkaraoke
僕の撮ったこの位置が最後列になります。
ホンマ小さな LIVE HOUSE です。

さぁさぁsign03

竹原ピストルをはじめ、
アコースティックなブッキングLIVEnote

新崎真人 < O.A >
ほそだふみあき
てふてふ
長津宏文

竹原ピストル

ピストル君までは全て初めて聞く人ばかり。
どんなLIVEになるのか楽しみでした。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

オープニングアクトと務めた長身でスーツ姿の
シンガーソング・リーマン 新崎真人

風貌は生真面目な営業?って感じの方ですが、
全身で暴れるかのように激しくギターをかき鳴らし、
そして激しく飛び散る汗sweat01…予想とは真逆でした。
骨がしっかりしてスピードもあってよかったです。

続いては、ほそだふみあき

見た目から柔らかい音でも奏でるのかと思いきや、
こちらも激しい激しいthunder
そしてテクニックにも感動させられました。
途中2曲は ダブルドロップD チューニングで魅せ、
スゴイもの拝ませて頂きましたeye
声量も全身から溢れる上、伸びのあるきれいな唄は
すんなりと体に沁みました。

そしてそして、てふてふ

女性です。
これがですね、頭から叩きつけられたような衝撃でした。
ふわ~とほんわかオーラを放っていたのに…
ステージに上がった彼女が突然発したタイトルが
『 人間爆弾 』
その後も次々と彼女から吐き出されるのは
言葉では表現できない圧倒的な『生』の唄。
彼女自身、竹原ピストルを敬愛してると言うだけあって、
その自己表現は危うさすら感じる程、鬼気迫っていて
聴いている者の心臓をガシッと鷲掴みにし
息さえ出来ない緊迫したものでした。
詩はもちろん、曲も、ギターも、そして声…
声は特に全身から溢れるではなく爆発したような声量で、
ひねり出すような伸びのある唄い方は、
最近ではなかなか聴けない魂の叫びのようでした。
LIVE終了後、少し話させてもらうとこれがまた、
唄ってる時とは真逆のかわいいかわいい女の子heart02
是非、もう一度聴きたいです。

セットリスト( 11/18 追記 )

  1. 人間爆弾
  2. 白痴
  3. たあい
  4. 教えてヴィヴィアン
  5. 書生論
  6. あすなろう

彼女の手作り満点の心のこもった暖かい
限定200枚のCD『書生論』
オイラのナンバリングは 043/200 scissors
一枚一枚手書きですよhappy02

1_32_2

【てふてふ / 書生論】

次は、長津宏文さん。

え~、一言でいうと ” オッサン ” です。
札幌で LIVE HOUSE を営みつつ、
自身でツアーも周る素敵なオッサン。
ピストルは野狐禅デビュー前から
世話になってた人らしいです。
すごくコミカルで軽い感じなんだけど、
笑いの詩の中に社会風刺が何気に差し込んでいて…
年の功を活かした深い王道70年代フォークでした。
忌野清志郎がフォークしたらこんな感じかなってwink

さぁ、そしていよいよ、竹原ピストルsign03

もうどんなんだったかとか説明不要。
過去にどれだけ熱く説明してるねんって感じですからcoldsweats01
一応セットリスト

  • ( ポエム )
  • LIVING
  • ボーイ
  • ( ポエム:ずっとなかよしでいようね )
  • 3mmの唄
  • フィッシュ・オン!
  • マイセルフ
  • オールドルーキー
     
  • ファイト!(中島みゆきのカバー)
  • ユアセルフ

会場入りが早過ぎて銭湯(二宮かな?)に行ったようで
リアル刺青のお方に出会い青ざめた事、
そのあげくに駐禁やられた事、笑わせてくれましたhappy02

表現力が重ねる毎に豊かになって、
もともと圧倒されるのに、さらに力の入った感じだった。
竹原ピストルからふりしぼり出てくる詩は、
時に激しく、時に優しく、まさに 『 言霊 』 だ。

来年、新しいCDを作ってツアー周ると言ってた。
また神戸に来てくれ!
再会を楽しみにしてる。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

自分が傷つかない為なら 平気で他人を傷つけて
自分が誉められる為なら 平気で他人を蹴落として
自分が愛される為なら 平気で他人を憎んで
自分のヘタレっぷりは棚にあげて 
他人には平気で 『 頑張れ!』『 負けるな!』 って

         こんな感じだったはず… 
              竹原ピストル 『 フィッシュ・オン! 』 より

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

自分と向き合う事を常に表現する竹原ピストル。
そして今回はてふてふさんも…

こういうのを聞きつつ最近度々思うことがある。
そして矛盾だらけの自分に悩むことがある。

俺は感動をもらうばかりだ。
俺は何をしているんだろう。
人を応援している場合じゃないのだ。
いい詩だなぁなんてホントの意味でわかってるのか?
と、のめり込みながらももう一人の自分が冷静だ。
『生』そのものの自己を唄ってる竹原ピストルに
気付かされて感動しているうちは
やっぱり自分はまだまだ生きてないしわかってない。
「そうだよな!」と思ってるんだったら、
じゃ、竹原ピストルを前にして何を話す?
何にもないんだ。
俺、からっぽだもん。
もらってばっかりやもん。
感動を欲しがってもらってばっかりやもん。

あんなに親近感あって触れ合ってるのに
何を見てたんだろう…って事を、
今夜、てふてふさんを見てまた思った。
 
てふてふ の 『 書生論 』 。

僕はまだまだ未完成
僕はまだまだ青二才

こう唄う、てふてふさん。
これを噛みしめてここから始めようと思う。

娯楽になれない音楽にまた一つ出会いました。
ありがとう。

..。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

帰ってからは打ち上げと称してのダメダメ家呑み会。

LIVEに一緒に行ったpigはもちろん、
参加できなかったNも呼び…

今回は準備していた『 HEART LAND 』と
一ヶ月前にNとバス釣り行った際に
道中で買った純米吟醸 『 そめざくら 』
そしてNが持ってきた 『 Hoegaarden 』

最近、すっかり定番と化した鍋に加えて
Nの田舎からのおすそ分けで頂いた
里芋は天ぷらに、巨大な薩摩芋はサラダにして
冷凍庫を占拠している鶏も照り焼きで並べ
すっかり楽しんだのでした。

それはそれはおいしく頂きました。

Dvc00005

完勝scissors

|

« よぉ食べた | トップページ | かわいいよぉ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よぉ食べた | トップページ | かわいいよぉ~ »