« FNS歌謡祭 | トップページ | も一度味わいたかったのよ »

2009年12月 3日 (木)

高架伍拾七

兵庫駅から西へ300~400mほど行った高架下に
その素敵な店がある。

FOOD & LIVE BAR
高架下伍拾七

通称 『 57 』

初めて行ったのはもう一年以上前。
春以降は度々行くうちに(といっても月1回程度だが)
素敵なイベントに出会ったのだ。

月1恒例 『 唄の会 』

素人・プロ・アマ問わず57に馴染みのある方が集まって
アコースティックなステージを無料でやってるのだ。
基本コピー(カバー)LIVEというのが原則。
このイベントを以前から見させてもって、
そして今夜も…

うまい、ヘタ、関係なく個々が楽しそうで素敵ですshine
そりゃあ、もちろんスゴ腕の音や声を聴けば
それ以上に震えも伴うわけですが、
そんな事はこの場所では大したことじゃない。

いつも途中で退散するんだけど、
今夜は初めてLASTまで観た。
例のごとくpigと一緒やったんやけど、
〆で出演者全員で高架57のテーマソングみたいなのを
盛大に歌い始めて気が付いたwobbly
なんと客が俺ら二人だけ…
ステージに上がる人は10組以上もいるわけやから
店内に人は多いしウッカリしてたんやけど、
真の客は我々二人だけやったのだbomb
司会で歌うたいの KeyCo さんからも
「また来て下さい」とミュージカルのフィナーレの如く
俺ら二人を全員で囲むかのような盛大過ぎる演出に、
二人して固まってしまいましたcoldsweats01
でも楽しかったgood

そうそう楽しかったというか凄かったのがもう一つ。
初めてマスターの唄が聴けたのだ。
人柄が満々に出てる優しいオーラから、
これまた卑怯なほどメチャメチャかすれた声で
極上のブルースを2曲聞かせてくれた。
突然の御指名で飛び入り参加のようだったらしく
緊張も伝わってきたけど、
昔、歌うたいとして行脚してたらしく
貫禄のブルースを歌いきってこっちは感動heart02

しかし、いいねぇ~
もう何度か観させてもらったけど、
自信あったりなかったり堂々とこなす人、
緊張感が伝わるほど一所懸命な人、
みんな素敵です。

結構広い店内なんだけど、
おもちゃ箱をヒックリ返したような遊び心たっぷりなお店。
店員を呼ぶにもピタゴラスイッチのよな仕掛けが
各テーブルにあってわざわざ呼びたくなるほどnote
小さなステージもたまらなくいい感じで音も最高up
そしてFoodが何食べてもこれまたウマイsign03
ちょっと他では味わえないまかない的なメニューが
ガツガツ食い気をあおって止まらないのだsmile

高架伍拾七

しかし、あのステージから見える景色はどんなのかな?
いつか…いつか…あのステージに立たせてもらいたい。
と密かに企んでいたりしてるわけですcatface

|

« FNS歌謡祭 | トップページ | も一度味わいたかったのよ »

コメント

どこから辿りついたのか・・・
KeyCoさんがコメントくれたでぇ~heart02

FINE blog 「 地平線の向こう側 / 09.12.03. 高架伍拾七 」

投稿: FINE | 2010年3月 4日 (木) 21時49分

▼ FINE
 
ホンマやなnote
うれしいなぁ~smile

投稿: 坊主 | 2010年3月 5日 (金) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FNS歌謡祭 | トップページ | も一度味わいたかったのよ »