« 素敵過ぎ☆ | トップページ | MAURICE SENDAK »

2010年1月13日 (水)

てふてふ生誕祭

昨年11月に初めて観た うたうたい、てふてふ
もうこの二ヶ月ほどの間に何回見ただろう…
今日は彼女の誕生日birthday

今日初めて行く、LIVE & BAR 『 湊川 Voice 』
名ばかりで行ったことがなくて…sweat01
でも、そこはまさに隠れ家的なハコ。
店内は黒一色で統一され、
演者次第でどんな色にも染まるような素敵なハコ。
そんな場所で 『 てふてふ生誕祭 』 と題した
暖かい空間にpigと参加してきたshine

てふてふ生誕祭
in 湊川 Voice
CK-Mock / ササヤマ./ 麻友 / てふてふ

今日はメインのてふちゃん以外にも、
前に観てもう一度と思ったササヤマ.さんも演るようで
すっごい楽しみにしてたのだup
他もてふちゃんの長年のお友達ばかりが演るようで
アットホームな空気漂う時間のはじまり

CK-Mock

アコースティックギター×2、ウッドベース、カホンの
アコースティック編成の4人組。
ポップな感じのブルースを奏でてて、
若いのにすっごい大人な雰囲気に完敗coldsweats02
リズムもよくてカッコよく心躍る感じで、
聴いてて楽しく気持ちよかったです。
こうやってまた観れる機会があるかな??
いや、また観たいです。

ササヤマ.

今回も前回同様カホンで 畑崎洋平 さんが参加。
自称ボーカリストのササヤマ.さん。
よく伸びる声は瞬発力もあり僕は大好きなんだなぁ。
アコースティックギターの音も相変わらず
とんでもないテクニックでえげつない迫力impact
スパニッシュやラテンを匂わせるリズムで、
そこに感じる背景はやはり今回も
夕陽が沈み赤から青へとウェスタン荒野が似合う。
いやぁ~やっぱりカッコいいなぁ~
そしてカホンだ。
先に演った CK-Mock もカホンを使っていた。
そりゃ音楽が違うから使い方も違うわけです。
それでも畑崎さんのカホンは速くて迫力もあって
リズムの強弱がササヤマ.さんが弾くギターに
たまらなく背筋がゾクゾクするよな色をつけ魅了する。
技術の問題やないね、あの二人は。
あの気持ちのいい音楽は感性の共鳴なんやろうな。
うらやましいと思う音楽やった。
一度ガッツリ聴きに行こwink

あの畑崎さんのカホンの叩き方はテクニック?
特に右手でベース音を出すときに
カホンの表面がまるで粘着テープにでもなってる?と
思わせるような吸い付くような叩き方…
知ってる方教えて下さいpaper

余談…トークおもろ過ぎやったfull

YouTubeにあったお気に入りの 『 ハミングバード 』

▼セットリスト
1.head line
2.Bad things
3.スペア ( Physalis セルフカバー)
4.ハミングバード
5.リビングオンザブルーズ

麻友

孤高のメチャかっこええ女性のピアノ弾き語り。
声も素敵だ。
澄んできれいな上、迫力もあって魅力たっぷりの声だ。
しっとりと深く作られた楽曲は重たくもあるが
切なくて優しい気持ちにしてくれる。
なのにsign01
曲が終わって間のトークのおもろいこと。
関西人の悲しい性なんやろね、
孤高というにふさわしい空気を自ら一気に潰すbomb
綾戸智絵のようで最高ですcoldsweats01
ラストはてふてふとコラボで一曲キメてくれましたgood
もっと聞いていたいなぁと思う楽しいLIVEでした。
彼女もLIVEたくさんしてるみたいなので
是非また行きたいです。

てふてふ

てふてふを聴きに行き始めて初のメイン
そりゃそうやね、なんたって今夜は彼女が主役happy02
一年前に初めて披露した曲からと紹介して、
『 あすなろう 』 から始まったbell
そしてなんとバックに先ほどとは逆に麻友さんが
ピアノ伴奏付き
奥行きが出てより感情に深みが加わって
一発目からガッツリやられたdash
続いても麻友さんをバックに 『 書正論 』 。
そし麻友さんがステージを降りて
いつもの弾き語りになるかと思いきや、
始まったのはなんと T-BOLAN のカバーcoldsweats02
というても唄ってる時は気付かず聴いてたので
帰りにpigから教えてもらって判明したんやけどね。
そして…本日はビックリの連続ですsweat01
麻友さんが降りたあとに残ったピアノに座り、
なんとまさかのピアノで弾き語りsign02
唄うのはまさに激情の魂といえる 『 白痴 』 げっそり
ギターとピアノ、同じ弦楽器だけど、
全然違う曲に聴こえる。
深みが増すというか広がりを感じるのだ。
イントロは唄とは対象的に静かに悲しくさせて…
ピアノ、いいなぁ~
学生時代に文化祭で披露した以来というてたので
てふてふとしては初披露という事になる。
いやいや、貴重なもの堪能しましたnote
そんなこんなで全6曲。
素敵な誕生日を自ら最高な仲間と最高な日を作って…
彼女はこうして唄い続ける事を誓うんだろうな。
今年も焼き付けるような唄を届けて下さい。
また必ず観に行きます

▼セットリスト
1.あすなろう with 麻友
2.書正論 with 麻友
3.傷だらけを抱きしめて ( T-BOLAN カバー )
4.白痴 ( ピアノ弾き語り )
5.人間爆弾
アンコール 
6.克己
 
最後になりましたが、
 
てふちゃん、誕生日おめでとう bell
 
素敵な実りある歳であること願ってます。
そして、ありがとうnotes 

|

« 素敵過ぎ☆ | トップページ | MAURICE SENDAK »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 素敵過ぎ☆ | トップページ | MAURICE SENDAK »