« それは公園の小さな噴水のように | トップページ | ほったらかしですんません »

2010年4月27日 (火)

好きな音楽に連れられてまた好きな音楽に出会う

大阪玉造 『 由苑 』 にて

竹原ピストル / 良元優作 / ウリョン

約半年ぶりくらいのピストルの声を聴きに行ってきた。
今日は火曜日なので Npig とだ。
店内に入るや否やピストルと目が合った途端に挨拶してくる。

ウッス!どうもどうも!

いつものピストルだ。
そして顔を覚えてくれてるのもうれしいもんだ。

今回は3人とも色が違うくてメチャメチャ濃いかった。
トリのピストルはもう言わずとも、
特にビックリしたのが良元優作。
世界観が半端ない声だった。
ピストルのような太く枯れた声ばかりに憧れて
心震わせて感動してきたけど、
これまで聴いたことがないジャンルの声だった。
それでいてとても深くて…なんか
アコースティックの弾き語りってホンマ色々だなぁと思った。

終了後CDを買わせていただこうと
物販にいる良元優作のもとへ行ったのだが
「今ここにあるCDには今日やった曲入ってないんですけど…」
なんとも変わった奴であるhappy01
でも声と世界観が気にいったので躊躇わず購入。
盤面にサインも頂きましたscissors

Dvc00011

さてピストルはいうと、
やっぱりピストルはいつまでもピストルで、
今夜も熱い音楽(ことば)で激しく胸を撃つ。

どんなジャンルも関係ないが、
自分が心に響いた音楽を聴いて求めていけば
また心が動く音楽に出会う。

この一、二年、そんなことが多いが
今夜もまたそんな感じがした。

|

« それは公園の小さな噴水のように | トップページ | ほったらかしですんません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは公園の小さな噴水のように | トップページ | ほったらかしですんません »