« 言葉(詩)の伝わり方と受け止め方 | トップページ | それは公園の小さな噴水のように »

2010年4月23日 (金)

落ち着けば理解できるはずです

叔父( T 兄ちゃん)から連絡があって飲みに出かけた。
それはそれは上等なお店でずいぶん呑みました。
とてもおいしかったし楽しくええ時間でした。
なんかすごくうれしかったしね。

最高に酔っ払って気持ちよくなったところで
神戸牛のカツサンドという豪華な手土産まで戴いて
店をでて最終電車間近の三宮駅へ。

新長田までは10分足らず…なのに…

完全に爆睡してたようで、
目を覚ますと暗闇の中に見た事ない風景が広がってました。
ホームについたばかりの電車の中は
すっかり誰もいなくなってました。

ふとホームの明かりに視線をやると…

西明石

寝過ごしたことはわかってるけど
その現実が脳に届き理解するまでずいぶん時間があった。

えーーー
!?西明石!?

終点まできてしまってたんです。
各駅停車とはいえ電車で30分の距離をタクシーで帰るハメにsweat01
ところがこの西明石駅、新幹線の駅と同じだというのに
時間も時間ですがタクシーがまったくいない。

新長田に向かってフラフラ歩く36歳。
なんとも情けないです。

途中でタクシーと遭遇してなんとか帰れました

|

« 言葉(詩)の伝わり方と受け止め方 | トップページ | それは公園の小さな噴水のように »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉(詩)の伝わり方と受け止め方 | トップページ | それは公園の小さな噴水のように »