2010年3月25日 (木)

油断してると痛い目に遭います

KING BROTHERS presents
KILL YOUR IDOL Vol.3

ザ50回転ズ / 毛皮のマリーズ / KING BRITHERS

お目当て50はトップバッターでした!

  1. 50回転ズのテーマ
  2. All Night Long
  3. レッツゴー三匹
  4. 夜明けに走れ
  5. ダンスのブルース
  6. 日雇い節
  7. グローリーグローリー
     
  8. I can not be a Good Boy
  9. 1976
  10. ブンブンブン
  11. YUNGERS ON THE ROAD
  12. Thank you for RAMONES
  13. おさらばブギウギ

ラストのキンブラは2階から眺めていたんやけど
キンブラのギターが2階へ上がってきて
無防備なところにダイブしてきたもんやから
俺、ぶっとんでしまってポールに腰を打ち付けて
立つことができず途中退陣sweat02
もう少しで救急車呼ばなあかんとこでした。
情けない…

| | コメント (0)

2010年2月26日 (金)

体力をつけましょう

Dvc00001

ワンマンツアーですからねpunch

しかし、先着受付順だというから
考えうる最短時間で申し込んだのに、この番号…
それより早い番号の奴はどないしてやってるんやろ。
(番号だけでいうと何ら問題ない大満足番号ですけどね)

| | コメント (0)

2010年1月19日 (火)

たいやき

N からチケット1枚余ったとの連絡。
とはいえ、私、情けないことに一文無しcrying
そんな私に神様 N が交通費すらも完全スポンサーで
なんと京都まで連れて行ってくれましたsign03

Dvc00009  
 THE FIRE !!
   
 
 ザ50回転ズ × the telephones

 <O.A> Sawagi
 
 in KYOTO MOJO

 

続きを読む "たいやき"

| | コメント (4)

2009年11月10日 (火)

BEER LOVE

FM KYOTO αーSTATION
" DELICIOUS DONUT " Presents

『 LIVE DONUT 』

ザ50回転ズ × THE BAWDIES
<O.A> ザ・シックスブリッツ

in MUSE KYOTO

Nがチケットを取ってくれてたのでpigと3人、
張り切って京都まで行って参りましたsign03

続きを読む "BEER LOVE"

| | コメント (2)

2009年10月20日 (火)

幸せの足音がやってきた

本日は最高の一日sign03
完全勝利と叫びたい 大阪で最高の twoTOP scissors

  • ザ50回転ズ × オレスカバンド LIVE
  • STUDIO D'ARTISAN 大阪直営店 買い物

続きを読む "幸せの足音がやってきた"

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

やばいよ~

開催が発表されてからおよそ一ヶ月。
本日ニュース第二弾impact

Artist_catch_0901_2

第一弾でサンボマスターは早々と出演発表済bomb
そして今日の第二弾アーティスト発表…
やっぱり決定したぜいscissors

ザ50回転ズ

続きを読む "やばいよ~"

| | コメント (0)

2009年9月 4日 (金)

神戸VARIT

時ノ音 vol.5
   - VARIT. 5th Anniversary - 

出演

<O.A>女王蜂
ELECTRIC EEL SHOCK
KING BROTHERS
毛皮のマリーズ
ザ50回転ズ

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

行ってきましたscissors

神戸ですよ、神戸sign03
地元にザ50回転ズがやってくるup
こんなテンション上がることないでしょpunch
もう何日も前から興奮状態dash

さてさて、

オープンニグアクトも含め全5組のバンド。
いうてもトリのザ50回転ズが目当てなわけで、
とりあえず順番に簡単な感想を…

女王蜂

高校生バンドらしい…
ベースの女の子が鳥居みゆき?のようなキレた感じcoldsweats01
独自の世界観をだそうと頑張って出してましたが、
まだまだ何も響かなかったけど、若いしね、これからsweat01

ELECTRIC EEL SHOCK

アメリカ・イギリスを拠点にしている3ピースバンド。
メチャメチャかっこよかったッスsign03
他の4バンドの中ではダントツやった。
あくまで僕が好きかどうかやけど、
音も太くてしっかりしてて、パフォーマンスもgood
CDが欲しくなりました。っていうか買うdollar
ドラムがレッチリファッション?(全裸でチ○コに靴下だけ)で
片手に2本ずつスティックを持って叩いてた。
一人ツッコミみたいに曲間でボソボソしゃべってたり
ボケてんのか何なのかおもろくてカッコええドラマーでした。
音楽のテクニックとか全くわからんけど、
なんやろね、自然にビシバシくる感じはたまらんかったpunch
ベースもギターもガッツリと全身に電気走って最高やった。
今回の一番の収穫でした。
HP ⇒ ELECTRIC EEL SHOCK
彼らのブログ読んでたら GOING KOBE 見に来てるねん。
「来年は出るsign01」って書いてあった。
是非来て欲しいもんだ。

KING BROTHERS

勢いだけのバンドっていうイメージ(ごめんなさい)
パフォーマンスはえげつなくてパワフル。
最後にステージ降りてフロア中央に全楽器を持ってきて
もみくちゃの中でやりきってました。
ファンは多いみたいで相当に盛り上がってた。
が、ドラムだけの勢いって感じだったので、
何も(胸に)きませんでした。

毛皮のマリーズ

音楽的にはカッコよかったです。
独自の世界観が完全に完成されてました。
女の子が弾くベースがやたらよかった。
おばさん?って感じのドラムが上半身裸でしたが
裸になってはいけない体でした。
音楽しっかりしてたけど声など基本的に好みやなかった。

そしてついに…

ザ50回転ズ

本命やもんねpunchって事で2階(2段目)にいたんやけど
抑えきれない衝動はこの距離では無理と、
ファンの入れ替わりに紛れて1Fのフロアに乱入…
客電落ちたと同時に中央最前列一直線にプッシュsign03
第一段階はとりあえずダニー前で3列目scissors
そして…
「Riot in Cell Block #9 / Dr.Feelgood」で3人入場note
一発でトップギアにパスンdashって入っちゃいましたhappy02
まぁまぁ、先にセットリストをpaper

セットリスト

  • Mr.1234man
  • MONEY!MONEY!
  • 1976
  • たまにはラブソングを
  • ゴキブリ賛歌
  • レッツゴー3匹!
  • 少年院のソナタ
  • 拝啓、ご先祖様
  • 放課後のロックンロール
  • ロックンロール・マジック(新曲)
  • グローリー・グローリー
  • YOUNGERS ON THE ROAD
  • 50回転ズのテーマ
     
    アンコール
  • Thank You For RAMONES
  • おさらばブギウギ

    ※興奮しすぎて太字以外の曲順は全く覚えておりません。
    ※少しでも覚えているものがあれば教えて下さい。

もうね、選曲がやっちゃいけないリストです。
たぶんザ50回転ズの持ち時間は45分強。

 ①ずっと飛び跳ね続けぇの
 ②ヘッドバンギングし続けぇの
 ③大声で歌いっぱなしぃの
 ④叫び続けぇの
 ⑤両腕上げっぱなしぃの
 ⑥押し合い圧し合いしぃの、

…さすがに死にますcrying

これ経験せんと伝わらんもんなぁ。
ジョギングやジムやらなんかと汗の量はレベル大違い。

アンコール中だけが一瞬の休憩でもあるんやけど、
この一瞬が危険でして、ふと我に帰るわけです。
そして自分の無茶を実感するハメになる。

「あ、俺、今、酸素、足りて、ない…coldsweats02

思った瞬間から一気に立ちくらみが始まるわけです。
もうあかん…もうあかん…typhoon
でもドMかと思うほど体の危険信号を無視して叫ぶimpact

「早よ、出てこんかsign04sign04sign04thunder

俺、バカです。
ホンマ救いようのないバカです。

でもね、でもね、
メッチャ気持ちええねんup
汗でドッボドボになったTシャツも何もかもがsmile
終わった瞬間にその場に倒れる事も、
すぐに水分必要なのに一歩も動けない事も。
最っっっっっ高に気持ちいいんです。

終わってみればド真ん中中央2列目。
ザ50回転ズは聞き出してまだ一年になってない。
でもワンマン2回、FES1回、そして今日ののイベント。
全て同じ最前列当たりでグイグイ楽しんできました。
毎回、周りはきっと10代~20代前半。
明らかに場違いです。
でも、もう無理なんです。
魔法にかかってしまったんです。

ロックンロ~ル・マ~ジックheart02ってねnotes
歌いながらおかっぱにでもしようかしらhappy02

欲を言えばキリがないけど、
でも「雨上がりの夜空に」聴きたかった。
でも「ゴキブリ賛歌」歌ってくれてうれしかった。
でも「耳鳴りロック」でボギーの声聴きたかった。
でも「ロックンロール。マジック」って新曲やってくれた。

ありがとう。
お前ら最高やで。

そしてうまいビール飲めたbeer

ビャ~ビャビャ~ ビャ~ビャビャ~

カッコイイ~shine

来月の大阪、また行くゼpunch
次はタイバン、時間も1.5倍ほどになるかもしれん。
楽しみは増すばかりだぜsign03sign03

興奮しすぎて全てがうまく書けません。
ま、アホやなぁgawkって思うもよし、
歳考えろよthinkって思うもよし、
でも興奮したことだけは伝わったやろ?

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

余談

まったくっていうほど興味がなくなってしまった
某オッサン、長渕剛。
本日2年ぶりのツアー初日やったらしい。
どうやらその初日の横浜アリーナで、
予てから公言していた初のカウントダウンLIVEの開催を
LIVE中に正式発表したようだ。

その場所…

神戸ワールド記念ホール

なんで??
なんか行かなあかんような感じになってしまうやんsweat02
興味なくなったとはいえ神戸でやるいうてたら
やっぱり申し込んでまうやんsweat01
どうしよ…お金coldsweats02

東京やったら相手にもしない話やのに…

| | コメント (0)

2009年8月20日 (木)

これ以上何を求める

突然発表されたザ50回転ズのタイバン全国ツアーshock

チケットもいきなり発売だったもんで焦りました。

すっごく前もって準備して速攻予約→発券。

なんせ発券先着順らしいので。

でね、でね、

取れたのgood

見て~sign03

Dvc003_2

整理番号 6 7 8

オイラとお好み焼き職人Aといつものpigと。

みんな文句ないやろ?

でも欲を言えばなんとか1~3番ゲットしたかったなぁ。

上には上がいるもんや。

| | コメント (0)

2009年7月25日 (土)

10

Dvc00005

突然の朗報sign03
なんとザ50回転ズが神戸にやってくるpunch

ライブハウス 神戸VARIT の 5周年記念ライブ

整理番号 10 & 11 

どうしよ~shock

| | コメント (0)

2009年4月29日 (水)

GOING KOBE '09

本日、ここ神戸にて、無料チャリティーロックフェス

GOING KOBE '09

がポートアイランド内で開催された。
もう今回が第5回目なんだそうだ。
ロックに今まで興味がなかったので
こんなイベントあるなんて知らんかってんけど、
震災を違った形で忘れないよう
いかに若い人に伝えて受け継ぐ手段として
俺と同世代のライブハウス STAR CLUB の店長が、
企画して開催してきたものらしい。

出演バンド(ソロもありますが)総勢120組以上sign03
しかもその中に我らザ50回転ズも参戦となりゃ、
行くっきゃないっしょrun
あと、俺的に目玉にしてるのは
泉谷しげる・175R・サンボマスターもsmile
これだけのアーティストがチャリティーで来るんやでhappy02
すご過ぎひんかsign02

俺がみたいアーティストはみんな
メインのワールド記念ホール内の『Kit Kat STAGE』。
まずはザ50回転ズが3発目なんで、
もみくちゃにモッシュだらけの中を、
順に順に肩を入れつつ前へ前へ…

ザ50回転ズ、登場前に同じステージで
locofrankってバンドがあったんやけど、
俺、なかなかカッコええなぁと思った。
ただ詩が全部英語なんよね。
音ではノレるんやけど、
詩も含めて全身からパワーが溢れてこなかった。
俺に英語力がないだけなんやろけど。
機会があったらCD聞いてみよnote

GOING KOBE HP locofrank LIVE 風景

そして見事13時、ザ50回転ズが始まる頃には中央最前列scissors

やるね、俺up

ザ50回転ズ セットリスト(順自信なしsweat02

  1. 50回転ズのテーマ
  2. 1976
  3. 耳鳴りロック
  4. 少年院のソナタ
  5. ブンブンブン
  6. YOUNGERS ON THE ROAD
  7. Thank You For RAMONES
  8. おさらばブギウギ

さすがだよ。
全アーティスト持ち時間25分。
平均4~5曲。
なのにだ、なのに、やつらは同じ時間でも8曲。
メッチャ最前列で回転しまくったぜtyphoon
たった25分なんて思えない満足感。
中央最前列で暴れまくりで汗ビッショリわーい(嬉しい顔)で体グッタリげっそり
奴らは最高だ!
ロックが好きになってよかったぁ~note
しかし、なんである意味歌詞なしのインストゥルメンタルな
『少年院のソナタ』とかですごい一体感生むあたりは
本物のロックしてるからこそなんやろな。
さすがやup

GOING KOBE HP ザ50回転ズ LIVE 風景

そして一度会場を出て汗をどないかして、
プラプラ近辺の別会場も見たりして夕方を待った。
ラストは怒涛の連荘です。

夕方…

KitKatSTAGEに戻ると丁度175Rsign03
アリーナはワヤクチャで俺とツレは仕方なくスタンドへ。
さすが一度はメジャーの頂点に立ったバンドです。
盛り上げ方も半端なくうまい!
そりゃもうあおるあおるrockrockrock
しかも『空を唄えば』とか名曲もあるしね。
ワールド記念ホールの一万人を一つにするのに
時間は全くいらなかった。

GOING KOBE HP 175R LIVE 風景

そして次はサンボマスター
これもね、一度聞いてみたかったんよね。
どんなんやろ??ってね。
そしたら…
メチャメチャ、いや、これもまたえげつない程カッコええねん。

  1. 青春狂騒曲
  2. 歌声よおこれ
  3. 君を守って君を愛して(未発表新曲)
  4. 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ(TV『電車男』主題歌)
  5. Great Adventure Family
    (真心ブラザーズの曲を山口君がアカペラで)

俺、すっかりやられました。
サンボマスターにやられました。
特に2曲目の『歌声よおこれ』は打ち抜かれた感じです。
ヤバイよぉ。また新しいものに完全にハマっちゃったかも…

GOING KOBE HP サンボマスター LIVE 風景

さぁ、そしていよいよ大御所、泉谷しげる
これもね、本当にカッコよかったんよ。
何がってね、これはロックフェスやねん。
客の大半は10~20代前半がほとんど。
泉谷しげるは知ってても誰が唄まで知ってる?
俺だって『春夏秋冬』しか知らへんし。
泉谷しげるはそれをわかり切っててやりにきてるねん。
登場と同時に音慣らしのような演奏をなんとなく始め、
何するんかなぁと思いきや、

「じゃ、最後の曲やんぞ~」

って…いや、一曲目ですけどcoldsweats01
そして唄いだしたのが
メッチャかっこええアレンジの『春夏秋冬』
アリーナの客はどうノったらもんかと混乱してる様子sweat01
それが終わったら、

「じゃあ、アンコールだ~」

その時は曲名わからんかったけど、
帰って調べたら『野生のバラード』
ステージ降りてスタッフに肩車させてアリーナに潜り込んで
メチャメチャあおるpunchあおるpunchあおるpunch
この唄だけで15分はやってたんやないかな。
結局会場はいつの間にかスッゴイ一体感が生まれ、
潔くステージを去っ…と思いきや
何の唄かはわからないが
素敵な、とっても綺麗な、ラブソングをアカペラで披露して
泉谷しげるは手を上げて帰っていった。

ため息がでた。
ホンマ、あれはカッコ良すぎでしょ。
還暦の人が自分を全く知らない世代のアウェーなステージを
貫禄で見事やってのけた。

GOING KOBE HP 泉谷しげる LIVE 風景

ホンマ最高最高で暴れてええ想いさせてもろて、
最後は圧巻の貫禄で素敵な瞬間を見て、
幸せな時間でした。

地元神戸でこんなごっついイベントあったやなんて。
また来年、必ず行きますsign03
来年も開催できるように、募金、俺もやりましたgood

Goingkobe09logo

| | コメント (0)